四季工房の家造り

昔から受け継がれて来た技術と知恵の結晶が活用されている

四季工房の家作りには、その舞台裏で大工の洗練された技術が応用されています。四季工房では海外からの扱いやすく加工も容易な木材を使用する事なく、癖の強い日本の木を使って家造りがなされています。日本で生い茂っている木を使うのは実はかなり技術とノウハウのいる作業で、素人や新人の大工には到底扱えない代物なのです。一本一本に存在する個性豊かな木の性格と性質を見極め、その使い道や加工方法を自分達で決定しなくてはなりません。それを可能とするのが、長年培われて受け継がれて来た技術や知恵なのです。熟練した腕と頭脳を持つ大工さん達が集まって、造られているのが日本の木を使った四季工房の家々なのです。こうした背景を知れば、その価値を真に噛みしめる事が出来ます。

温かい空間に合ったインテリア

雰囲気のある他人に自慢できるような家を造る事は、客を家の中に招き入れたり家族で揃って食事をするような時に利点があります。家族が早く家に帰りたい、親戚や友人がまた訪れたいと思えるような喜ばれる空間を造ってみましょう。そのためには、四季工房での暖かみのある家にあったインテリアを考えなくてはなりません。例えば、よりその見た目に温かさを増すために暖房器具に暖炉を設置するのも1つの方法です。暖炉は今でも一般家庭で使用されており、その独特な雰囲気を魅力に感じる人達に人気があります。家族や知人といつまでも一緒にリビングにいたくなるような、安心感のあるスペースとして空間を演出させて行きましょう。あらゆる部分にこだわりを持つ事で、愛着を湧かせる事も出来ます。